バーチャル展示会

ORECオリジナルグッズをプレゼント!

RABBIT MOWER

RABBIT MOWERってなに?

果樹園の草刈りは、果樹の枝などで⾼さに制限がある環境や、傾斜地での不安定な⾜場など、体に負担がかかる作業です。ラビットモアーは乗って運転するだけ。まるでゴーカートのように楽しく草を刈ることができます。休耕⽥や、広い⼟地の草刈りにも活躍します。

おすすめポイント!-RM984編-

⻑野県のリンゴ農家さんにも好評です!⻑時間の作業でも快適な乗り⼼地で、草刈りが楽しくなりますよ!

長野営業所/長野県担当
RABBIT MOWERシリーズのフラッグシップモデル
  • 刈幅975㎜、クラス最⼤ 24ps エンジンを搭載しています。
  • サスペンションをフロント部とシート部の2ヶ所に装備し、快適な乗り⼼地が魅⼒です。
  • オートクルーズ機能を搭載し、⼀定速度で快適⾛⾏が可能です。
  • 業界初デジタルインジケーターを搭載し、燃料やバッテリ電圧が⼀⽬でわかります。

おすすめポイント!-RMK180編-

サイドカッターで効率よく幹回りの草も⼀緒に刈れ、垂れ下がった枝の下もラクに草刈りできます!

弘前営業所/青森県担当
刈幅最⼤ 1,770㎜の幹周草刈機
  • 幹の根本付近までナイフを寄せられるので、幹回りの草まで⼀気に刈り取れます。
  • 刈払機を使う仕上げ刈り作業(2 度刈り作業)が少なくなり作業時間を短縮します。
  • 幹回りで刈り取った草を外に掻き出す構造で、冬期のネズミ対策、害⾍対策にも効果が期待できます。
  • 刈幅最⼤ 1500 ㎜の RMK151 と 2 種類の幹周(かんしゅう)モアをご⽤意しています。

AUTO MOWER

AUTO MOWERってなに?

1974年スーパーモアーとして登場。広い刈幅にくわえ、不整地を的確に捉えながら、⾛破性を両⽴する3輪タイプの⾜回りで、障害物の多い果樹園を縫うように動きます。
ワンタッチバック機能搭載機種では、機械を⽌めることなく前進・後進の切り替えが可能です。

おすすめポイント!-AM63B編-

半世紀にわたるロングヒットシリーズです!⽊と⽊の間をくぐり抜けていく⼩回り性能を是⾮お試しください。

鹿児島営業所/鹿児島県担当
⼩回りが効き扱いやすく、はじめての⾃⾛式草刈機にも
  • 刈幅 600㎜、6.3ps エンジンを搭載。
  • エンジンを始動させナイフクラッチを⼊れ、⾛⾏レバーを「前進」にするだけの簡単スタート。
  • ⾏きたい⽅向にハンドルを振り、ただ歩いて付いていくだけの簡単操作です。
  • ワンタッチバック機能搭載で、前後進切り替えのスムーズさも魅⼒です。